小京都中村550年祭



おはようございます



東日本大震災から7年
あらためて犠牲になられた
みなさま方に
心よりご冥福をお祈りいたします

昨日は
四万十市立郷土資料館で開催された
「四万十市観光開き」に出席

四万十市では
一條教房公が「応仁の乱」を機に
下向して以来550年を迎えたことから



通年で土佐の小京都中村550年祭
開催しますが



そのオープニングセレモニーとして
一條神社での神事をすませ
公家行列が練り歩くパレードのあと



リニューアル
一部オープンする
四万十市立郷土資料館において
シンガーソングライター
堀内佳さんの歌と演奏で園児による
「ぶしゅかんサンバ」の披露



550年祭
ロゴデザイン表彰とつづき



関係者が出席して
四万十市観光開き式典が行われました





神事のあと
鏡開き・乾杯で観光開きを祝い





参加者全員で記念撮影
中平市長はじめ関係者のみなさま方
公家装束がたいへん似合っていました



このあと
郷土資料館のリニューアル
一部オープンでは
内覧会が行われましたが



山内一豊の弟・山内康豊の居城であった
中村城跡に建つ城の形をした
資料館6階の天守閣からは
四万十川・東山を望み
市街地を一望することができます





館内には
これまで展示していた
七星剣や土佐一條家・中村山内家
幕末の志士で
坂本龍馬とも交流のあった樋口真吉
明治を代表する社会主義者
幸徳秋水の遺品などに加え



1階のガイダンスフロアでは
パネルや資料で景観・歴史・地質から
川と人間の関わりなどの
情報発信コーナーも設けられています



全面開館は
平成31年2月予定とのことですが
新しくなった資料館に
ぜひご来場ください

それでは
今日も元気に行ってきます


(おまけ)

四万十市の観光開きでいただいた
お弁当です



うなぎの蒲焼
ごりの卵とじ
酢物に川えびの唐揚げ
アオスジのりのかき揚げ
ご飯のうえにもアオスジのり

四万十川の香りいっぱいのお弁当を
おいしくいただきました・・・



スポンサーサイト
[ 2018/03/11 07:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tosashimizu128.blog.fc2.com/tb.php/2053-0b2345b2