FC2ブログ






山頭火




今朝は高知駅前
高知橋ほとりの昭和なホテル



部屋着は浴衣
ロビーには鯉が泳ぎ



大浴場には
昭和のヤングを代表する整髪料「MG5」



むかし近所のお兄ちゃんが
デートに行くときの香りを
思い出しました・・・

おはようございます
高知まで帰ってきました

さて新山口駅前には
わたしの好きな
俳人・種田山頭火の像があります



種田山頭火は
さすらいの旅を続け
質の高い自由律俳句を詠む
層雲派の俳人で
「昭和の芭蕉」といわれていますが



まったく雲がない笠をぬき


この句は
昭和5年に旅の途中
晴天の下で網代笠(がさ)をとり
ひと休みしたとき詠んだ句で
直筆を復元して
刻んだとされています・・・

先進地視察2日目は
新山口駅から新幹線こだまで
新下関駅まで移動
ここから山陽本線に乗り換え下関へ



山口県漁協本店ビルを訪問して
県1漁協についての意見交換を行いました



まず専務・常務など
役員のみなさまと懇談



山口県漁協は
組合員の所得向上等に資するため
買取販売や拠点市場への
市場集約に積極的にとりくんでおり
非合併漁協が残る中で県漁連を
承継しています



つづいて
会議室において
実務担当者である
常勤監事・参事のお二人より
◼️合併以降の経営概要
◼️合併に至る経緯
◼️機構図
◼️独立採算制
◼️市場統合と販売事業の展開
など
山口県漁協の成り立ちと特徴について
説明を受けたあと



意見交換では委員より
◼️漁協の運営(資金・経理・人材育成等)
◼️漁連の承継(調整・非合併漁協との関係)
◼️拠点市場の定義と施設整備等
◼️事務所(支所)の統合
◼️買取販売およびその他事業の状況
などについて質問が出されたましたが
結果的には
漁協機能と連合会機能の一本化によって
(人材・事業ノウハウ・経営資源の共有)
組合員にとって
最も効果的・効率的な組織に
生まれ変わったとのことでした

終了後
民間で経営している
下関市地方卸売市場「唐戸市場」を視察



水曜日は市場が休みとあって
開いている店は少なく残念

場内では
大きな「ふぐ」のオブジェが目を引きます





市場の前には
関の氏神・亀山八幡宮



ここでも境内には
下関を象徴する「ふぐの像」



このあと
下関から新下関駅まで引き返しましたが
駅の構内では
「ふぐ」がお出迎え



まさに「ふぐ」づくしの
下関を後にして
「新幹線こだま」で新山口駅に出て
新山口駅から
「新幹線のぞみ」に乗り換え岡山へ



さらに岡山駅からは
「南風」を乗り継ぎ
ホテルには7時半前に
ようやく到着

夜は近くのコンビニで買ったものですませ
ホテルの部屋でまったり過ごし
強行日程の疲れを癒しました・・・

今朝は
ボブ地域支援係長の先導で
二宮課長(農林水産課)
浜渕社長(元気プロジェクト)と合流して
大阪に向かいますが
今日も元気に行ってきます

(お知らせ)

2月・3月は土日ごとに
イベントが続きます

【2月11日】
◼️第50回あしずり駅伝大会
◼️足摺海洋館300万人達成記念イベント



【2月16日~18日】
◼️平成29年度公民館サークル文化展

【2月17日・18日】
◼️第13回花へんろ足摺温泉
ジョン万ウォーク



【2月24日】
◼️漁師の元気まつり

【2月25日】
◼️足摺半島一周駅伝大会

【3月3日】
◼️絵本作家 宮西達也さん 講演会



ぜひ市民のみなさまのご参加を
お願い申し上げます



スポンサーサイト
[ 2018/02/08 05:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tosashimizu128.blog.fc2.com/tb.php/2026-00ead686