ジョン万祭り実行委員会




おはようございます

今朝は山口県に向かう
中村駅発南風6号の車内から・・・



昨日は
2月前半の月例庁議で
一週間がスタート



2月に入り出張がつづきますが
今日からの予定としては

(2月6日・7日)
高知県1漁協の将来像を考える委員会
先進地視察(萩市・山口市)
◼️萩地方卸売市場
◼️萩しーまーと
◼️山口県漁業協同組合


(2月8日~10日)
農林水産課
土佐清水元気プロジェクト
高知県漁協土佐清水統括支所と
地産外商のとりくみ(大阪市・彦根市)
◼️駐大阪台北文化弁事処
◼️高知県大阪事務所
◼️岡山フードサービス
◼️平和堂土佐清水市フェア


(2月14日~16日)
◼️国内観光活性化フォーラム(高知市)
◼️全国過疎地域自立促進連盟理事会(東京)


(2月17日~19日)
副市長が沖縄出張
◼️ジョン万上陸記念碑除幕式(糸満市)
◼️豊見城市表敬訪問

その他スケジュールを確認したあと
しおさい園長より
「課題と目標について」
水道課長より
「水道料金改定について」
それぞれ報告を受けたところです

このあと
重点事業進捗状況点検会議
を開催



重点事業に位置づけている
◼️メジカ産業再生プロジェクト(農林水産課)
◼️竜串地域再開発事業(観光商工課)
◼️学校給食関連事業(学校教育課)
◼️保育園高台移転事業(福祉事務所)
◼️とさしみず総合福祉サービス拠点整備事業
(健康推進課)
◼️光ファイバ整備事業(総務課)

整備計画の推進状況をチェックしましたが
多少遅れている事業も見受けられるものの
概ね順調に進んでいます

午後からは
ニッセイ財団共同研究者メンバーである
慶応義塾大学・一ノ瀬教授(代表)
慶応義塾大学・井本特任教授
東京大学大学院・吉田准教授
徳島大学・鎌田教授
信州大学大学院・上原准教授が
来訪され懇談



土佐清水市の防災教育に
ご協力いただいている
慶応義塾大学・大木准教授も
同じグループに所属していますが
南海トラフ巨大地震による津波を想定した
生態系減災(Eco-DRR)手法の開発を
研究しているとのことです

その目的を簡単に説明すれば
◼️生態系減災の考え方に基づき
大津波による被害をいかに軽減できるか
その手法を開発する。
◼️自然再生と防災のコベネフィットを実現。
◼️人口減少に対応した安全・安心な土地利用
計画の実現。




すでに一昨日から
大岐・竜串など現地で調査に入り
今後においては
◼️土地利用計画手法の提案
◼️海岸林の保全方法提案
◼️地域防災計画への貢献
◼️研究対象地域での成果公表
◼️防災教育への貢献
などに
とりくむとのことですが
自然を生かした減災対策に
大いに期待しております

つづいて
第7回土佐清水ジョン万祭り
実行委員会
が開催され出席



今年は「ジョン万祭り」と合わせて
土佐清水市で「ジョン万サミット」が
開催されることから
実行委員会では
開催日を11月3日(土)と
早めに予定を立てたうえで
関係機関と調整することになりました



また今年で
「没後120周年」を迎えるにあたり
祭りを通して
郷土の偉人「ジョン万次郎」の偉業を
国内外に発信し
土佐清水市を盛り上げてまいりましょう

それでは
長い出張になりますが
体調管理に気をつけながら
今日も元気に行ってきます

(お知らせ)



今年も「こどもガイド」が開催されます
ぜひ市民のみなさまのご参加を
お願いいたします




スポンサーサイト
[ 2018/02/06 06:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tosashimizu128.blog.fc2.com/tb.php/2024-376e53bc