足摺椿まつり




おはようございます

足摺岬の椿も
春を待ちわびながら
ようやく赤い花が咲きはじめました・・・





昨日は
足摺岬先端部にある
ジョン万次郎銅像前広場において
「足摺椿まつり」
椿咲くおもてなし観光イベントが
開催され出席



足摺半島に自生するヤブツバキが
見頃を迎える時期にあわせ
今年で44回を数えます

また同時に
足摺の叫び「夢の一文字」の発表が行われ
最優秀賞には
大阪市から応募していただきました
高月俊生様の「躍」に決定



温泉郷協議会・田村会長より
表彰状が贈られましたが
高月様によると
この一文字を選び応募した理由は

「躍」は躍進や躍動など
いきいきとしたさまを表現しています
足摺岬は春は椿の林に陽光がきらめき躍り
夏は風や波が躍ります
時には台風という自然現象が岬の樹木を
また海では高い波濤となって躍ります
豊かな四季・自然の中で人々の生活が
しっかりと根を張り
かつ躍動することができればと思います
私もそうありたいと願っています

ありがとうございました

このあと
清水高校書道部による
力強い揮毫が行われましたが





この「夢の一文字」は
ここで2月末まで展示されています

このあとも
足摺岬小学校生徒による
ヤブツバキ再生プロジェクトなどの発表や





◼️椿の苗木プレゼント
◼️ジオガイドツアー





◼️灯台・椿のストラップづくり体験
◼️つみれ汁の振る舞い鍋



楽しい催しがつづき
寒い中ではありましたが
「椿まつり」とともに
足摺岬に春の訪れを感じたことでした



このあと
二日連続で葬儀に参列してから
消防本部・大会議室で開催された
土佐清水市消防団定例部長会に出席





消防団ならびに消防団員への
敬意と感謝を申し上げ
これからの益々のご活躍を
ご祈念申し上げました

夜も消防団情報交換会に参加して
消防団幹部のみなさまと
交流を深めたところです

それでは
今日も元気に行ってきます

(おまけ)

今朝は久しぶりに
撮りためていた「食レポ」の中から
高知の老舗旅館の
会席料理を紹介します・・・

【御献立】

一、前菜(季節の前菜)



一、造り(季節の魚 三種盛り)あしらい一式



一、煮物(鯛のあら炊き)



一、焼物(鶏の西京焼き 太刀魚のえのき巻)



一、油物(サザエ唐揚げ)



一、酢物(白子のポン酢ジュレ掛け)



一、食事(寿司)
一、止椀(やがら汁)



一、甘味(柚子ゼリー)



会席料理を食べる機会は
めったにありませんが
個人的には
居酒屋さんで好きなものを注文して
ワイワイするのが性に合っています・・・


スポンサーサイト
[ 2018/02/05 05:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tosashimizu128.blog.fc2.com/tb.php/2022-83d7a871